ワンハンドラテラルは僧帽筋の横の部位を鍛える効果がある

片方の手にダンベルを持ち、ベンチに座って行うウエイトトレーニングがワンハンドラテラルで、三角筋や僧帽筋を強く逞しく育てる効果があります。正しいフォームで実施することで、筋肉の発達をより促すことにつながります。ラテラルには外側あるいは側面という意味があり、僧帽筋の横の部位を特に鍛える効果がある方法です。

まずスタンバイのフォームでは、ベンチに座ってどちらかの手にダンベルを持ちましょう。空いている方の手の肘下をベンチに密着させて、上半身をベンチと平行にしてください。

そしてベンチに膝を乗せて座り、体を安定させます。動作としては、ダンベルを持っている手は肘を少し曲げてぶら下げる格好で構え、腕を上げ下げします。この時の呼吸法も大切なポイントで、上げるときには息を吐いて、下げるときには息を吸います。決して息を止めたまま動作を繰り返してはいけません。

また、一定のリズムを持って動作を繰り返すことで、確実に筋肉を刺激することができます。特にゆっくりを意識して行う必要はないのですが、反動で下ろすことは避けなければなりません。そして動作の回数は、15回ぐらいを1セットとして、2セットから3セットを行うのが一般的です。

また、このトレーニングはウエイトを肩の高さまで上げ、ひじの角度を直角に固定することに注力して適切な方法で行えば、肩を鍛えることができるだけでなく、体全体の基礎代謝をアップさせ体脂肪率を減らす効果が期待できます。肩の筋肉は小さいので、ウエイトは少し軽めでも効果は得られますし、毎日行う必要もありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ