フロントレイズは背筋よりも小さな肩の筋肉を鍛える方法

フロントレイズとは、腕を伸ばしたままウエイトを首の位置まで引き上げて三角筋を大きく育てるウエイトトレーニングです。特徴は、片腕ずつ引き上げを行うということです。また、効果は手の向きによって異なるので、どちらの方法が良いかは自分で試してみると実感できます。

トレーニングを効果的に行うためには、ポイントを利用することが近道です。片方の腕ずつ行う理由は肩の筋肉を鍛えるためですが、それだけでなく両腕を同時に引き上げると、肩ではなく背中の上部の筋肉の方が鍛えられてしまうからです。

また、背筋よりも小さな筋肉を鍛えるためにはウエイトは軽いほうが良く、ダンベルを引き上げるときには前傾の姿勢を保ち、体幹がぶれないように気を付けることで、より効果を上げることができます。

フロントレイズは、バーベルでもダンベルでも実施することができます。どちらも実施方法は同じで、ウエイトはオーバーグリップで持って手のひらは自分の方を向かせ、肩の筋肉を動かして首の高さまで持ち上げて戻すを繰り返します。

この他に、インクラインベンチを約45度に倒して実施する方法や、ロープーリーマシンを利用する方法もあります。

ベンチに仰向けになって行う方法では三角筋にかかる負荷が大きいので、見た目の筋肉をアップさせるためには特に向いていると言えます。そしてマロープーリーマシンでも、やはり片腕ずつ鍛えることで希望通りの効果を得ることができるため、ワンハンドルバーのアタッチメントを用いてセッティングしてから実施します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ