ベントオーバーラテラルは股関節から体を倒して行う

ベントオーバーラテラルとはダンベルを用いて行うトレーニングのひとつで、主に背中にある筋肉を鍛えるのに適した方法です。具体的には、三角筋の後部、棘下筋を育てることができます。

基本的な姿勢では、あごが上がらないように気を付けて顔を正面に向け、上半身は股関節から前傾になって床と平行にすることで、背中に負荷を与えます。

この姿勢を維持したまま、ウエイトを持った手を左右に開いて肩の位置まで引き上げますが、息は大きく吸って止めたままで左右に開き、肩の位置でいったん停止を、今度は息を吐きながらゆっくりとスタートのポジションに戻します。

これら一連の動作を繰り返すことで、肩の贅肉を落として引き締め、筋肉を育てる効果を得ることができます。肩の筋肉が発達すると肩幅が広くなるので、ウエストが細くなったように見えて逆三角形のボディになることも可能です。

単なるダイエットでは背中の脂肪やたるみは改善しにくいので、ウエイトトレーニングを利用することは理に適っています。ただし、効果を狙って重過ぎるウエイトを使用するのは逆効果になるので、トレーニングは軽めからスタートしてください。

ベントオーバーラテラルには、立って動作をするスタンディングとベンチに座って行うシーティッドがあります。基本的な動作や呼吸法は同じですが、負荷のかかり方が多少異なります。実施しやすい方法を選んでトレーニングをすれば、希望のボディラインに近づけるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ