デッドリフトはバーベルを使用する運動のこと

ウエイトトレーニングの代表的な種類には、スクワットやベンチプレスがありますが、そこにデッドリフトを加えてビッグ3と呼ばれています。このトレーニングで鍛えることができる部位は、大殿筋、大腿四頭筋など、太ももやお尻にある筋肉です。

大雑把に言えば、立った姿勢からバーベルを持ち上げるのですが、自己流で行わずにスポーツジムなどでインストラクターの指導を受けて、正しい姿勢で行うことが大切です。

まず足を肩幅に開き、膝の力を抜いて、さらに背筋を伸ばしてバーベルの前に立ってください。そして膝を緩めたまま前傾になってバーを掴みますが、この時、顔は正面を向いたままにすることがポイントです。

そして息を吸いながら肩を引いて、肩甲骨が背中に寄ることを意識しながら、体を起こして持ち上げます。息を吐きながら元の位置に戻しましょう。この一連の操作を1セット20回として、インターバルを挟みながら2セット前後をゆっくりと繰り返してください。

トレーニングに際しての注意点として、背筋を利用して持ち上げるように意識をすること、持ち上げた時点でも緊張を解かないこと、膝をつま先より前に出さないことなどがあります。フォームが乱れたまま継続すると、必要な筋肉が鍛えられずに、腰を痛めることになるので、注意点は必ずクリアすることを心がけましょう。

そして、デッドリフトは効果がある分リスクも高くなるトレーニングなので、筋トレ初心者には向かない方法です。少なくとも中級者以上の熟練者に向いた方法と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ