ベントオーバーローイングはウエイトトレーニング

ベントオーバーローイングとは、バーベルを利用して行うウエイトトレーニングのひとつです。鍛えることができる部位は広背筋の他、上腕二頭筋、僧帽筋などで、最もポピュラーな背中の筋肉を鍛える方法です。まず、バーを握る前に太ももとお尻の筋肉を意識して、前傾姿勢でバーを握ります。

バーベルを使用したトレーニングは、腰に負担をかけないためにも、太ももとお尻の筋肉を使用してお腹に力をこめてリフトアップしなければなりません。そして重心をかかとに置いて、スネは床と垂直になるように姿勢をとってください。ここまでが準備の姿勢です。

そして実際のリフトアップでは、バーの引き上げ方によって鍛えられる筋肉が違ってきます。真上に上げて鍛えられるのは僧帽筋や菱形筋で、斜め後方に引き上げて鍛えることができるのは広背筋や大円筋です。注意すべき点は、反動をつけたり手首で引き上げないことです。

例えば、手首で上げると目的とは別の筋肉が刺激され、トレーニングの効果が半減してしまいます。両肘を伸ばしてバーを吊り下げ、肘を曲げながら胸の位置まで持ち上げ、再び吊り下げの位置に戻しましょう。必要なグッズにパワーベルトがありますが、ウエイトが軽い場合には使用しなくても構いません。

これは重くして実施する場合に、腹圧を高めて腰への負担を軽くする効果があります。また、ベントオーバーローイングを行うには握力が不足すると危険な場合があります。パワーグリップやストラップを装着すると、この時のリスクを回避できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ