ケーブルクロスオーバーは左右のグリップを引き寄せるマシン

ケーブルクロスオーバーはトレーニングマシンの一種で、鍛えることができる筋肉は主に大胸筋です。つり革のような持ち手がついているのが特徴で、スタートポジションでは左右のグリップをしっかりと握って、足は前後に置き、膝を緩めて少し前傾姿勢で立ちます。

肩甲骨が背中に向かって引き寄せられている状態から脇を引き締め、へそのあたりで両手が付くように弧を描きながら、グリップを引き寄せましょう。この時に、胸が突き出るようにすると筋肉に刺激を与えられます。

ここで力を抜くとグリップに引っ張られて反動がついてしまい、トレーニングの良い効果が出にくくなりますので、注意してください。動作は慎重にゆっくりと行いましょう。そして呼吸法も大切なポイントで、負荷が軽い場合には、グリップを引き寄せるながら吐いて、戻しながら吸うようにします。

負荷を上げてハードなトレーニングを行う場合には、グリップを握った位置で息を十分に吸い、息を止めたままグリップを引き寄せ、戻しながら息を吐きます。マシンを使用して得られる効果は、筋肉の特徴から男性は筋力のアップによって胸板が厚くなり、上半身が鍛えられることによって逆三角形のシルエットを作ることができます。

女性の場合には、筋肉に厚みが出る以前にバストアップの効果を得られ、メリハリのあるボディの実現ができます。そして、共通して得られる効果は基礎代謝が高くなり、脂肪が蓄積しにくい体質にすることができるということです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ