インクラインダンベルベンチプレスは高く設定して行う

フラットな状態でなく、頭の側をやや高く設定したベンチに仰向けになって、両手にダンベルを持って行うトレーニングがインクラインダンベルベンチプレスです。大胸筋を鍛えるのに効果的な方法で、上腕三頭筋と三角筋前部の筋肉にも働きかける効果があります。

60度以下に傾斜をつけたベンチに背中とお尻を浮かせないようにして仰向けになり、足はハの字に開いて足の裏でしっかりと床を踏みしめます。ダンベルは両手に持ちますが、脇を締めて手のひらを足側に向けて胸の上あたりに構えてください。肩甲骨を引き寄せるように意識して、息を吐きながら両手を上げます。

両腕が伸びた位置からウェイトを下げますが、息を吸いながらゆっりと行いましょう。正しい方法でトレーニングを行なえば、筋力がアップするだけでなく基礎代謝力も上がって、脂肪が燃焼しやすい体質にすることができます。

また、胸を中心に上半身を引き締める効果もあるので、ウエストが絞られて均整のとれたボディを作ることも可能です。
トレーニングはベンチとダンベルが2本あれば実施できますが、グローブがあればマメなどから手のひらを保護したり、ウェイトの落下防止に役立ちます。

さらに、ベンチの下や周囲にラバープレートを敷くことで、万が一ウェイトを落としても床を傷つけることがありませんし、衝撃音も吸収するので集中力を維持しやすい環境を整えることができます。時計や砂時計があれば、トレーニングの時間を正確に計測することができて便利です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ