ウェルネスは全ての人が健康で幸福な生活を送るための指針

ウエルネスとは、1961年にアメリカ人のハルバート博士が提唱した考え方に基づいている健康観のことを指しています。

博士が提唱したのは、栄養、運動、休養がバランスよく実施されると健康的な生活を送れるという考え方で、身体的な健康だけでなく、個々が最良の生活環境に身を置いて生活できる人生を過ごせることを目標として生活をするというものです。そして博士の考え方は、世界保健機関にも取り入れられています。

健康観に必要不可欠とされるアイテムに運動やエクササイズがありますが、運動は体の各部位の動きのことで、その運動によって目標を達成する手段がエクササイズであると考えられています。しかし、このような違いがあったとしても、両方が適宜に行われなければ精神的・肉体的に健康になることはできません。

そして、生きるために不可欠な食生活において、ウェルネスの基本的な考え方では、バランスの良い豊かな食生活が必要であるとされています。摂取する栄養素が偏っていればメタボリックシンドロームになり、成人病のリスクが高まります。

これらを回避して健康的な生活を送るには、食事の内容に注意を払わなければならなりません。また、運動と食生活が完璧だとしても、生活習慣に落ち度があってはなりません。

睡眠不足、喫煙、夜更かし、人間関係のストレス、デジタル機器の長時間の使用などによって、精神的な健康が阻害される可能性が高まっています。全てにおいて完璧でなくても、少しずつ良い方向へ向かう努力することが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ