チキンセンイは長距離ランナーが発達している筋肉

人間の筋肉は筋肉繊維によって作られていて、これには2種類あります。チキンセンイはそのひとつで、漢字では遅筋線維と書き、もうひとつは速筋線維です。

それぞれに特徴があり、性質によって適するスポーツが異なっているのですが、例えば陸上競技だけを見ても、長距離走者は遅筋線維が発達している方が有利ですし、短距離走者は速筋線維が発達している方が有利なのです。

最もわかりやすい例は足の太さで、一流のマラソンランナーは脚が細いのに対して、短距離ランナーはふくらはぎが発達している人が多いです。
速筋線維は乳酸が発生しやすく蓄積しやすいため、筋肉の中に酸素を取り入れることなく瞬間的にエネルギーの生成をするという特徴を持っています。

瞬発力はあるのですが、継続性がないのもこのタイプの特徴です。一方の遅筋繊維は筋肉の中に酸素を取り込みエネルギーを生成し、体内に乳酸を蓄積しません。瞬発力がない代わりに持続性を持っているのがこの筋繊維です。

筋繊維の割合は生まれたときに決まっていて、その割合は特殊な測定によって知ることができます。ただ、どちらのタイプになったとしても、トレーニング方法を工夫すれば必要なタイプの筋線維を太くすることができます。

ボディビルダーのような発達した筋肉を得たいと考えるならば速筋線維を鍛えなければなりませんが、この場合にはゆっくりとした動作でのエクササイズを負荷をかけて行うことで、目標を達成できます。逆に長距離ランナーとして成功するためには、回数を多くしたエクササイズを行うのが有効と考えられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ