スピニングマシンは心拍数をモニタリンクしながら行う

大抵のスポーツジムに置いてあるエアロバイクですが、スピニングはバイクエクササイズマシンの一種です。アメリカではボディケアを簡単に行うことができると人気になっています。

心拍数をコントロールしながらバイクを漕ぐことで効率よく有酸素運動を行なえ、1クール45分のエクササイズで400kcalから800kcalを消費することができるという点が特徴です。

スピニングによるトレーニングは固定式の自転車を漕ぐだけの簡単なものですが、心拍数をモニターしながら実施するため、スピードや負荷の調整をしながら、効率よく脂肪の燃焼をすることができます。

脂肪の燃焼には酸素が欠かせませんが、心拍数が高くなりすぎると体内に酸素が不足してしまい、脂肪の燃焼効率が悪くなります。このことから、心拍数をモニタしながらのトレーニングは大切なポイントと言えます。マシンの使用方法には、一人で黙々とトレーニングをする方法と、グループエクササイズのスタンディングクライムスタジオに参加する方法があります。

複数のスピニングを設置してエクササイズを行う、スタンディングクライムのスタジオでは、音楽に合わせてグループでエクササイズを行います。45分間の1クールの内容は、まず心拍数をマックス時の50%程度に抑えるウオーミングアップによって体を温め、脂肪が燃焼しやすい状態にします。

次に徐々に負荷を上げてペダルの回転数を心拍数を上げ、立ち漕ぎの状態になるスタンディングクライムを数回行い、筋力アップのトレーニングをします。最後にクールダウンとストレッチで終了です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ