スパッツは使用する用途によってバリエーションがある

スパッツは厚手のタイツのようなイメージがありますが、簡単に言えば靴下部分がなく、足首までというのが標準タイプです。スパッツには長さにバリエーションがあり、一分丈から足首までの10分丈がありますが、長めの12分丈もあります。

素材は伸縮性があり足のラインにフィットするように作られていて、吸汗性に富んでいるのが特徴です。ボディに密着しても動きの妨げにならないことから、特にスポーツやダンスなどの競技者が多く利用しています。

例えば、サッカーやラグビー選手の多くはユニフォームのパンツの下に着用していますし、陸上競技、体操選手にも着用されています。
生地の編み方に工夫を凝らした製品もあり、履くだけで脂肪の燃焼力がアップするタイプ、筋肉の動きをサポートするタイプなども販売されています。

機能性を持たせた製品はダイエットや贅肉の引き締めに効果を得られやすいということもあり、スポーツジムでもトレーニング用として着用している人が多いです。

タイプを選んで着用することで、筋力アップやダイエットなど目的を達成をしやすくなるでしょう。少し変わったタイプとして、高齢者向けに筋力を補う機能を持たせた製品も開発されています。

日常用のタイツ代わりとして、スカートやショートパンツ、ワンピースなどとともに着用されているアイテムはレギンスと呼ばれていますが、日本ではスパッツと同義語として捉えられています。特に、ファッションとして着用するひざ下から足首までの丈があるタイプやレースが施されたタイプは、レギンスと呼ばれる傾向にあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ