レッグウォーマーはふくらはぎを温めるアイテム

ジャズダンスが流行したときに多く人に知られるようになったのが、レッグウォーマーです。足首にクシュクシュとまとめたり、カラフルな製品が多く、当時はファッションの一部として人気になりました。

しかし、その名の通り、本来は足を温めるためのアイテムで、クラシックバレエをはじめとするダンサーたちは足を冷やさないように保護するためにレッスンの時には昔から愛用していました。

ふくらはぎは第二の心臓とも言われ、冷えや疲労によって筋肉が硬くなると健康にもリスクが生じます。そのためできるだけ冷やさないようにするためには、レッグウォーマーを着用すると効果的です。ふくらはぎを温めるだけでも体を温めて、足のむくみの改善にも効果があります。

単に毛糸などを筒状に編んだものを巻きつけるだけでも、かなり違いを感じることができます。ダイエットで効果が上がりにくい人の中には、低体温の人がいます。そのような場合には、ふくらはぎを温めると効果を上げやすくなります。

製品には、編み方に工夫を凝らしてむくみを改善しやすくしたタイプや、糸に工夫をして熱を逃がさないように工夫されたタイプがあり、用途に応じて使い分けると効果的です。

また、足がつりやすい人もふくらはぎを温めると効果的です。機能性を持たせて、ふくらはぎがつりにくいように工夫された製品もあるのです。色や形態も、ファッション性の高いタイプから実用本位のタイプへと移行しつつあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ