ヒローは筋肉に乳酸がたまって肉体にダメージを与えること

体に疲れがたまると朝起きるのが辛くなったり、日中でも活動的に動くことが難しくなったりします。このような状態を疲労と言い、肉体的には筋肉に乳酸が蓄積している状態のときに感じやすくなります。

休養をしたり栄養を補給すると改善することができるのですが、それでも疲れが改善できない場合には、精神的なものが原因となっている可能性もあるのです。
例えば生理的というのがありますが、これは健康を維持するのが困難な状態にある肉体や精神を言います。

また、病的な疲労というのもあり、肉体的な疾病によるものと慢性疲労症候群、うつ病、過度なトレーニングなどが対象です。

体や心の疲れを知らずに生活をすることは、実は危険なことでもあります。日々、精神や肉体を酷使して働き続けることは危険であると体や心が判断をすると、休養命令としてヒローというアラームを発するのです。

休養は人間には必要なもので、アラームを無視して働き続けると取り返しのつかない事態になる可能性もあります。疲労は体のどこかが異常な状態なのですから、時間のやりくりをして休息をとらなければなりません。

また、疲労に似たような言葉に疲労感がありますが、これらは似て非なるものです。疲労感を感じるときには、意欲の減退や徒労が関わっていることが多く、俗にいうクタビレモウケのケースと考えられるでしょう。この場合には休養ではなく、気分転換やストレス解消方法を実践することで改善しやすくなるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ