ハムは太ももの後ろにある筋肉の総称のこと

太ももの後ろ側の大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋のことを総称してハムストリング、略してハムと呼ぶことがあります。ひざの関節、股関節など下半身の運動能力に大きく関与しているのですが、故障に陥りやすい部位でもあるため、正しい方法でトレーニングをして鍛えることが大切です。

この筋肉は別名ランナー筋と呼ぶこともあり、陸上選手は競輪選手、スピードスケートの選手などは特に発達していることが確認できるでしょう。瞬発力が必要なスポーツではこの部位の筋肉の発達が必須なので、太ももの太さが強さの証と判断されることもあります。

太ももの外側にあるのを大腿二頭筋、内側にあるのを半腱様筋、半膜様筋と呼び、ひざの関節の曲げ伸ばしや股関節の柔軟性に関与しています。例えば、スクワット運動をしたときにバランスをうまく取れない場合には、ハムストリングスの柔軟性が劣化している可能性があります。

また、この部位は準備運動なしにハードな動きをして強い負荷がかかると、肉離れになりやすいのが特徴で、入念なストレッチが欠かせません。徐々に太ももに負荷がかかるようにしてゆくのが適正な方法で、片膝ひざを曲げた状態でもう一方の足を伸ばしてに負荷を少しずつかけてゆきます。

この時、足の付け根に意識を集中するがコツで、腰を深く下すほどストレッチ効果を得られます。また、注意点しなければならないのはバウンドをしないことで、ジワジワと筋肉を伸ばすようにするのるがコツです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ