グレープヴァインはぶどうのツルのように両足をクロスするのが由来

グレープヴァインとはエアロビクスのステップのひとつで、横に移動するのか特徴です。その名前は、足をぶどうのツルのようにクロスに絡ませる様子に由来しています。種類としては、ローインパクト、ハイインパクトがあり、インストラクターが指で×点を作ったら、このグレープヴァイン開始の合図です。

ローインパクトのステップは、右足でサイドステップを踏み、次に左足をサイドステップを踏んだ足の後ろに交差させたら、再び右足でサイドステップを踏みます。最後にステップを踏んだ足のすぐ横に左足をトゥタッチして1ステップが終了します。

4拍子の音楽に合わせた動きは、初心者に実行しやすいフォーメーションのひとつです。ハイインパクトのステップは、右の足を左の足の横でトゥタッチしたら、その直後に斜め右前に振り上げます。

それと同時に左足でジャンプし、右の足でサイドステップを踏み、次に右足の後ろの左足を交差し、右足でサイドステップを踏みます。そして、左足を右足の横でトゥタッチし、すぐに斜め左前に振り上げると同時に右足でジャンプします。これで1クールです。

グレープヴァインのポイントは、左右に大きく足を踏み出し、4拍子目で必ず両足を揃えることです。また、重心を低くして行うと安定感のあるきれいなステップを踏めるでしょう。音楽は4拍子ですが、初心者は比較的スローテンポで動きに慣れることに重視し、上級者になるほどメリハリのあるハイテンポの音楽で行います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ