フィットネステストはアスリートのトレーニングプランの元になる

フィットネステストは快適な生活に必要な体力を調べるために行うもので、4つの要素について実施されます。要素には、柔軟性、身体組成、心肺の持久力、筋力や筋肉の持久力で、テストを開発したのは健康・体力づくり事業財団です。

能力の判定方法は対象者によって負荷のかけ方が異なり、アスリートを対象としたテストでは、競技の特性の分析やモニタリングも必要とされます。

アスリートを対象にした能力測定の方法では、スピード、持久力、筋力、パワーなどについて、選手それぞれの体力のレベルを広範囲な面から検査・判定を行って、トレーニングプランの作成などのデータとして活用されています。

そのため、1回のテストで判断するのではなく、定期的に実施をして選手の筋力や心肺機能の状態などを確認することが必要とされています。例えば、スピードに関しての能力測定では、バリエーションのあるダッシュを行って筋力の判定を行いますし、垂直跳びや立ち幅跳びによってパワー力の判定をすることができます。

正しい評価を得るためには試験前の準備があり、受ける時間帯は毎回同じにする、テスト3時間位前から飲食や喫煙は控える、前日からのハードのトレーニングを控える、前日の飲酒や医薬品の摂取は控えるなどがあります。

テスト結果が正しくなければ、結果から判断して作成するトレーニングプランにズレが生じてトレーニングを行うことはできませんので、注意事項は必ず守らなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ