キャリパーは家庭で皮下脂肪を測ることができる器具

皮下脂肪の厚みはつまんでみて電話帳の厚さ以下なら安心、という都市伝説のような話がありますが、正しく測定するにはスキンホールドキャリパー(略称でキャリパー)という器具を使用します。皮下脂肪厚計ともいい、簡単な仕組みで皮下脂肪の厚みを測定する機会です。

メタボリックシンドローム対策として国が健康診断時に腹囲のサイズによって肥満基準を定めましたが、この方法では人の体格によって誤差があるため、必ずしも正確な値とは言えませんし、内臓脂肪の測定ができないという特徴があります。

体には皮下脂肪と内臓脂肪があり、その量によって肥満度や成人病のリスクが測られます。脂肪の量は見た目ではわからないため、何らかの方法を利用して測らなければなりませんが、複数の方法が存在するのです。

例えば、家庭で実施しやすい方法は皮下脂肪厚計の他にインピーダンス法があり、病院や医療機関で実施しているものには超音波や赤外線を利用した方法、MRI、CTなどがあります。

インピーダンス法というのは体組成計のようなもので、両手で持って器具を利用します。リラックスして立ち、両腕を伸ばし器具を持った姿勢で測りますが、この時、器具からは微弱な電流が流れて測定されるのです。

複数の器具が発売されているので、家庭でも気軽に測定することができるのが特徴ですが、正確に測るにはポイントを踏まえておくことが必要です。メーカーによって測定値に誤差がある、1日の中でも測定値には変化があるという点を認識しておき、あまり数値に対して神経質にならないことです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ