クラブインクラブはスポーツ施設内に設置された同好会のようなもの

クラブインクラブとは、例えばスポーツクラブなどの全ての人がスポーツを楽しむといった、コンセプトを持って施設内で設立された、同好会のような集まりを指します。

施設側が特定のテーマのもとに設置しているケースとして、スイミングではシニアのためのマスターズクラブ、フィットネスクラブの中では減量を目指す人が集いやすいようなダイエットクラブ、歩くことに特化したウォーキングクラブなどがあります。

また、同じ施設に通う気の合う仲間同士が集って作られている場合もあります。
体を鍛えるのは男女や年齢による制限はありませんし、多くのスポーツクラブなどでは世代を超えて楽しむことができる施設作りをコンセプトにしています。

しかし、時によっては全ての参加希望者が同じレベルの運動をすることが難しい場合があります。特にシニア層になると、エアロビクスやスイミングなどは若い人たちとは同じレベルでの活動が難しいため、途中で挫折してしまう場合もあるのです。

クラブインクラブとして60歳以上限定などの会があれば、無理なく継続することができるというメリットもあります。健康維持に欠かせない運動は継続することで効果を得られるので、こういったシステムがあることも知り、自分に合った施設に加入すると楽しく自己管理をすることができます。

同好会などの情報は施設に問い合わせをすると教えてもらえるので、興味があるクラブがあれば、まずは見学やビギナーで参加をして、入会を決めるとよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ