ベンプレは主に大胸筋を鍛えるためのトレーニング

ベンプレとはベンチプレスの略で、特に胸を鍛えることを目的として行われ、パワーリフティングやボディビルディングのために利用されることが多いトレーニングのひとつです。ベンチに寝転んでバーベルを握って上下させることで、腕を使って負荷をかけるため、胸だけでなく腕の筋肉を鍛えるのにも適しています。

バーは胸の上で上げ下げをしますが、目安はバストトップの位置にゆっくりと胸に付けるように下げ、バウンドさせないようにするのがコツです。ベンプレは継続して何十回も続けて行うトレーニングではなく、ゆっくりとした動作で数回を行うのが一般的です。回数や重さはトレーニングの熟練度に応じてそれぞれ設定されます。

初心者の場合は、呼吸法やフォームを安定させる事が重要なため、楽に上げられるレベルの負荷で10回程度を1セットとして行い、徐々にセット数を増やし、最大でも3セット程度が適しています。ある程度慣れてくれば、負荷を上げて1セットの回数を減らすようにするとよいでしょう。

また、競技者でなければ、トレーニングは毎日ではなく週に2回くらいが最も筋肉に負担が少ないです。
また、トレーニングは正しい方法で行わなければ効果を得ることはできませんし、バーの取り扱いを間違えてしまうと事故につながるリスクが高くなります。

自分の力に余る負荷のバーでトレーニングをしようとするときに肩やお尻が浮いてしまうことがありますが、これでは目的の筋肉を鍛えることができませんし、肩や腰を痛めるリスクが高くなります。初心者の場合には、慣れるまではジムのインストラクターについてもらった方が安心です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ