ベルトバイブレーターで燃焼した脂肪の排泄を促す

ウエストやお腹の脂肪は、特別に負荷をかけなければ燃焼させることが難しい部位です。そのため、ベルトバイブレーターを腹部、臀部など痩せたい部位にあてて刺激を与えている人をよく見かけます。

脂肪を刺激して燃焼をアップさせることを目指しての利用で、マシンを利用したエステサロン、スポーツジム、スパ、銭湯などに多く設置されています。
自分は何もしなくてもマシンに身を委ねていれば勝手に脂肪を揺らしてくれるので、楽にダイエット効果を得られると多くの人が利用しています。

しかし、実はベルトバイブレーターの本来の目的はダイエットではなく、エクササイズ後のクールダウンです。負荷をかけた筋肉の振動を与えてほぐすことで、乳酸の蓄積を予防して筋肉痛や疲れを残さないためのマシンとして開発されたものです。

ウォーキングでも腹筋運動でも、筋肉に負荷をかけた後には必ずクールダウンをしなればなりません。運動後には老廃物が発生しやすくなり疲労の原因になることから、脂肪や筋肉をほぐして燃焼した脂肪の排泄を促すケアをすることでエクササイズの効果が高まります。

マシンの種類にもよりますが、振動には段階があって強さの調整が可能で、指圧のように圧迫できる機能が付加されたマシンもあり、設置しているマシンによって効果を選ぶことができます。

最新の機器はデジタル表示によって簡単に操作ができるようになっているので、マシンを利用する際には使いやすい機能を試してみると効果的です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ