レッグカールを使った筋トレで脚を鍛える時の注意事項

レッグカールとはウェイトトレーニングの一つであり、専用のマシンを使ってトレーニングをする方法が一般的です。ハムストリングなど脚の筋肉を鍛えるのにとても有効なトレーニング方法であり、特に下半身は身体を支える重要な部位で、その部分を鍛えるにはとても有効と言えます。

また、ハムストリングは大きな筋肉であり、ここを鍛えるとダイエット効果も望めます。ただし、ハムストリングは日常生活ではあまり使わない筋肉なので、専用のマシンや方法負荷をかける運動で鍛えるしかありません。

レッグカールとはベンチのような形のマシンであり、これに座り脚に負荷をかけて鍛えます。トレーニングをする場合は、しっかりと負荷を受けてトレーニングしないといくら運動しても脚に筋肉はつきません。

足首はしっかり曲げて90度の角度を保ちましょう。足首を伸ばすと負荷が逃げてトレーニングの意味が無くなってしまいます。ベンチ座るときには深く腰をかけて行いましょう。浅く座ると腰に負担が掛かって腰痛を発症したり、腰を壊すことになってしまいます。

足を曲げるときや伸ばすときには腰が浮かないように気をつけてマシンを調節しましょう。腰が浮くと負荷が逃げてしまいます。更に、膝もしっかりと固定して動かないようにします。膝が動くと勢いがついて正しく鍛えることができません。

このようにトレーニングでは身体が負荷を受けた状態で鍛えられるかが重要です。また鍛えようと思って無理にやりすぎるのも禁物です。故障に気をつけて行いましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ