リンパ節は体内の異物をろ過する働きを持ちます

体中に巡っている血管のことは知っていても、同じように体中に伸びているリンパ管のことをよく知る人は多くありません。リンパ管は血管よりもさらに細い管で、中には全身の細胞と細胞の間を満たしていた組織であるリンパ液が流れており、この流れがスムーズだと老廃物を体外に排出しやすくなります。

リンパ系の循環は非常にゆっくりと行われるため、循環のスピードを上げるにはマッサージなどが効果的です。

リンパ節は、リンパ管のところどころについているソラマメのような形のふくらみで、免疫抗体や新しいリンパ球を作り出して、異物や細菌をせき止めるろ過装置のような役割を担っています。体中に張り巡らされているリンパ管は、各所のろ過装置を経由して最終的に静脈へと合流するのです。

風邪を引いたり怪我によってウイルスや細菌が体内に入り込むと、最初にリンパ節でろ過されます。その処理の過程でリンパ球が異物に対して攻撃をしますが、この際に腫れが生じるのは生理的なものなので心配ありません。

その多くは時間が経てば自然としぼんで小さくなりますし、免疫機能が活発な子どもの場合、風邪や怪我をすることが多くても、これらの働きによって治癒が早期に行われるのです。

しかし、放っておいても腫れが引かず2センチ以上の大きな腫れになったり、触った際の感触がどんどん硬くなったり、痛みや発熱を伴う場合は、病的なリンパ節の腫れである可能性もあるので医師による診察が必要とされます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ