山のポーズはヨガのすべての立ちポーズの基本

ダイエットやスタイルキープのためのエクササイズとして人気の高いヨガですが、こうした効果の他にも、心身の安定を図る目的や健康維持のための運動としても実践されています。ヨガのポーズにはさまざまなものがあり、それぞれに効果や意味を持っています。

呼吸法をマスターして正しい姿勢によるポーズを覚えることで、体のゆがみから起こる健康障害を取り除く効果が期待されているのです。山のポーズは、ヨガの中でもすべての立ちポーズの基本となるもので、全身のバランスを整える効果があるため、健康にも大きく影響してくる体のゆがみを改善するのに役立ちます。

一見するとただ立っているだけの簡単なものに見えますが、接地点や骨盤の角度の他にも、胸の開き方や背骨の伸ばし方、両脚の伸ばし方、首の伸ばし方、視線などにおいて、正しい状態や姿勢をとった際には、耳から肩の中心、腰の中心、くるぶしまでが一直線となって体の中心を意識できるので、日常でも姿勢がよくなるのです。

山のポーズは、すべてのポーズを始める前に必ずリセットのために行われます。やり方は、足の親指をつけて足を揃えて立ち、足裏全体に体重がかかるようにバランスをとり、背骨のカーブを意識して行いましょう。

頭を上に引っ張られているイメージで、あごは出し過ぎないように気をつけるのがポイントです。山のポーズは、背骨のカーブを意識することで正しいS字の姿勢を身に着けることで、柔軟性と体の強化に効果的であるとされています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ