ダンス系エクササイズの基本であるボックスステップ

スポーツジムのスタジオレッスンなどは、エアロビクスなどのダンス系のエクササイズを多く扱っている場合が多いです。ダンスエクササイズの基本はステップから始まり、名称と動きを覚えることが上達への近道であるとも言えます。

ボックスステップはダンス系エクササイズに多く見られ、簡単ですが燃料効果の期待できるステップです。直立の状態から準備して右足を一歩前に踏み出し、踏み出した足の前からクロスさせるようにして左足を前に出します。

次に、右足を元の位置まで一歩戻し、左足を斜め後ろの元の位置まで戻して1ステップが終了です。左右対称に行わず、そのまま同じ方向に何度か繰り返して使われる場合が多く、腕の振りが特に指定されない場合は歩くときのような動作でしっかり振っているだけでよいのですが、場合によっては腕に振り付けがついているダンスもあります。

エアロビクスのスキルの中でもローインパクトと呼ばれる常に足が床についているステップの一種であり、両足が接地しない瞬間のあるハイインパクト系に比べるとカロリー消費は少ないものの正確な重心移動を必要とするので、簡単そうに見えて奥が深いステップです。

健康のためやダイエット効果を求めて運動を始める人は年々増えてきています。その中でも楽しく運動を続けたい人たちに人気があるダンス系エクササイズでは、こうした基本のステップをマスターすることで更に楽しんでエクササイズに取り組めるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ