拇指球の痛みを感じたら早めの治療開始を

足の裏には全体重がかかるため、歩いたり走ったりといった動きで衝撃が及びやすい部分でもあります。生活習慣病などが広く知られるようになってからというもの、日常的に運動をする人が増えていますが、体のバランスが悪いと足の裏への衝撃がうまく吸収されずにひざや腰への痛みとなって現れる場合があるのです。

足の裏の親指の付け根の盛り上がった部分を拇指球といい、中足骨痛症と呼ばれる拇指球の痛みのは多くの原因が存在します。足の形に合わない靴を履き続けることによる血流不足や足指間の神経が締め付けられることや、足の親指の付け根に近い関節の異常が原因となって痛みが生じるのです。

また、ジョギングなどを行う際に正しいフォームを身に着けていないと、足裏へのダメージが繰り返されてしまい、痛みの原因となります。そして、加齢による足の変化が原因で起こる場合もあるので、万人に起こる可能性のある症状です。

足の裏でも特に体重がかかる箇所なので、一度痛みが生じてしまった場合は放置しているだけではなかなか治りません。

拇指球に痛みを感じたら、早めに医療機関を受診しましょう。整形外科での受診が基本であるとされており、治療にはクッションを入れた特別な靴を使用する方法や、矯正用の靴で重心を親指の付け根から分散される方法などが使われます。

足の形は人それぞれ違いますし、痛みを感じる程度にも個人差があるのですが、痛みを予防するには足に合った靴を履き、体のバランスが崩れないよう気をつけましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ