拇指丘を意識して体のバランスを整えましょう

運動やスポーツを実践するときに大切なのは、体幹がしっかりしていることであり、まっすぐに立ち続けることができる人は、バランスがとれているため上達も早いと言われています。ゆっくり片足ずつ立ってみると、頭の位置が大きく左右にずれてしまったり、静止できずに体が揺れてしまう人がほとんどでしょう。

しかし、拇指丘を意識した練習をすることによって、体の左右のブレを少なくすることができるのです。拇指丘とは、足の親指の付け根の盛り上がってる部分を指していい、ここを意識すると姿勢が矯正されるので、体が安定してより大きな力を出せますし、運動能力向上につながります。

ここに重心を乗せて左右の足で立つバランス運動を練習し続けると、自然とブレが矯正されてまっすぐに立てるようになるのです。

重心を乗せる際に気をつけるべきなのは、かかとや足の外側を浮かせてはいけないということであり、無理に足の親指の付け根だけを接地するのではなく、足の裏全体を地面につけつつ重心だけを移動すると良いでしょう。

ヨガのポーズを実践していると、自然と拇指丘を意識できるようになります。ヨガはスポーツジムなどでも人気のレッスンですし、腹式呼吸を使った有酸素運動としてダイエットにも効果的とされているのです。

また、下腹が出っ張ったりひざの関節痛、腰痛などは体が歪んでいることから起こりやすい症状なので、まっすぐにバランスの取れた状態に戻すことで改善できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ