扁平足による足の裏の痛みは健康にも悪影響

足裏のアーチ形状を指している土踏まずという地面に接していない部分がない足のことを扁平足といい、直立二足歩行を行うことで徐々に形成されていくものなので、立ち歩きをしない乳児にはありません。

土踏まずは、前後左右方法や水平回転方向における姿勢制御に役立ち、ばねのような働きで足にかかる衝撃をやわらげる役割も担っています。
成長するにしたがって誰にでも形成されるはずの土踏まずですが、足を正しく使っていないために起こる症状が扁平足なのです。

これが原因で歩行の際に足の裏に痛みを感じる場合があり、足の中の筋肉が小さな断裂を起こして足底筋膜炎へとつながってしまう恐れもあります。土踏まずが崩れた状態のままでいると、足の裏への衝撃は正しい歩き方の2倍以上も負担がかかると言われているのです。

また、痛みを我慢したまま歩き続けることで、体は痛い部分をかばうようになるため、無理な姿勢となり足の指やひざ、腰痛などといった部分にまで影響を及ぼしてしまいますから、初期症状の段階で改善していくことが求められます。テーピングやインソールで歩行時の痛みを軽減させるのもよいでしょう。

足は歩行や生活の大部分で全体重を支えている重要な部分です。足の不調は健康に大きく関わっており、成人でも運動不足によって足の裏の力が弱ってしまうと扁平足になる場合があります。運動不足がもたらすのは、肥満だけではないのです。日常的な運動を心がけて、体を支える足を強くしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ