不眠症の症状と原因を知って質の高い睡眠を

近年増加傾向にある不眠症とは、眠るつもりで布団に入ってからもなかなか寝付けなかったり、眠った後も頻繁に目が覚めてしまったりする他に、朝起きたときに目覚めがすっきりとせず体が重く感じるなどの、睡眠に関する症状を指していいます。

日本人では五人に一人がこうした症状に悩まされていると言われており、現代病として問題になっているのです。
不眠症で問題となるのは睡眠の質であり、睡眠時間の長さは関係しません。

短い時間でも良質の睡眠によって体力の回復ができている場合は問題がないのですが、反対にどれ程長い時間眠っても一向に体の疲れがとれないといった場合が問題とされています。

また、早朝に目が覚めてしまいその後寝付けなくなる場合は早朝覚醒という症状に該当しますが、加齢による睡眠パターンの変化と混同されがちです。早朝覚醒は体は疲れているのにもう一度寝付けないという場合を指しますから、加齢による早起きとは別のものとされています。

非常に多くの人が悩まされている不眠症ですが、その原因はいくつかあり、呼吸器や消化器などの身体疾患の痛みによって深く眠れず併発している場合や、神経症やうつ病などの精神疾患によって引き起こされる場合もあるのです。

また、過度のストレスが交感神経を活発に働かせた結果として、心身をリラックスさせる副交感神経がうまく機能しなくなり、快適な睡眠を妨げることもあります。不眠を解消するには、適度な運動と日光に当たること、そして睡眠前に刺激物を避けることが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ