フィットネストレーナーに求められる指導力

生活習慣病などが一般的に知られるようになり、運動を習慣化することでこれらの病気を予防しようと考える人が多くなりました。しかし、こういった人の中にはスポーツに携わってこなかったために運動に関する正しい方法や知識を持たない人もいます。近

年のスポーツジムの賑わいは、こうした人たちが効果的な運動方法を求めていることを表しているとも言えるでしょう。

フィットネストレーナーの仕事は、スポーツジムなどにおいて行う筋力トレーニングのパーソナルサポートやエアロビクスやヨガのインストラクターとして、運動に合わせたメニューを組み立てたり指導したりすることです。

ストレス解消や健康維持、ダイエットなど利用者側の目的に合わせて幅広い年齢層に健康指導を行うため、多くの経験と知識が必要とされます。健康に対する意識が高まったことで、中高年層への指導の機会も多くなっているので、フィットネストレーナーの需要は年々高まっているのです。

求められる要素としては、健康や栄養についての知識や年齢を問わずにコミュニケーションがとれること、正しい指導とデモンストレーションによって運動者にコーチングができることが挙げられます。

フィットネストレーナーの仕事形態は、スポーツクラブなどで働く以外にも、パーソナルトレーナーとしてのフリー活動や団体に所属すること場合もありますし、指導能力によって活躍の場もより専門的になることがあり、幅広い活躍が可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ