HIPHOPの発祥から近年のダンスジャンルにおける位置

HIPHOPは、1970年代にアメリカのニューヨークで、ディスコブームのなか、貧困の中にあったアフリカ系アメリカ人の若者たちが、公園に集まりパーティーをするようになったのが発祥と言われています。

一般的には西アフリカの文化とアフリカ系アメリカ音楽にルーツを持ち、そこにラップを乗せた音楽形態を指すことが多いのですが、音楽だけでなくブレイクダンスを中心としたダンス文化なども含みます。

HIPHOPミュージックは、ラップなどのリズミカルな音楽ジャンルを指し、MCと呼ばれるラップとDJと呼ばれるスクラッチの他に、サンプリング、ビートボックスなどがありますが、ラップミュージックと混同して使われることも多いです。

明確なダンススタイルはないと言われているHIPHOPダンスは、ラップのときにブレイクダンスを踊ったのが最初のスタイルとされています。ヒップホップのダンスでは、ブレイキングやロッキング、ポッピング、クランピングなどの主なスタイルを使い、自分なりのスタイルを踊りこなすことが目的です。

日本でもラップミュージックの人気が高まったことにより、ヒップホップダンスが注目を集めています。スポーツジムのスタジオレッスンでも、初心者から上級者用までのプログラムを提案しているところも多く、身近なダンスとして認識されているのです。義務教育の体育で必修化したこともあり、キッズダンスのジャンルでも注目を集めています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ