バンプアップは筋肉を大きくする効果があります

スポーツジムに通っている人の中には、ダイエットや健康のために運動をしている人もいますが、体を鍛えるために筋力トレーニングに励んでいる人もいます。運動はすべてにおいて正しいやり方で実践しなければ高い効果を得られません。

筋力トレーニングは特にこれが顕著であり、パーソナルトレーナーについてトレーニング方法を学ぶ人もいるほどです。

筋力トレーニングなどによって筋肉を使い続けると、筋繊維がパンパンに膨らんで張っているという経験をしたことのある人もいるでしょうが、このように負荷をかけることによって、一時的に肥大する状態をバンプアップというのです。

この仕組みは、強い負荷を受けた筋肉がエネルギー切れを起こしたり、運動によって老廃物が溜まったり、収縮することによって熱が発生します。これらの一時的な問題を解決するために、人体は血液やリンパ液を筋肉に流し込んで栄養補給や温度を下げる働きをするのです。

こうして筋繊維間にリンパ液などが増えることで筋肉が太くなりますが、循環によりこの状態が元に戻ってしまえば筋肉も元の太さに戻ります。
しかし、このような一時的効果ではなく、持続的な筋量アップのためにバンプアップが使われる場合もあるのです。

筋肉に血液やリンパ液のような体液を送り込む循環機能を使い続けることで、循環の仕組みを発達させて常に筋繊維を太い状態に維持できるとされており、ボディービルダーなど筋肉を大きくする目的を持つ人に好まれるトレーニングなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ