ハイインパクトはエアロビクスの中で運動量の高いステップ

健康のためにも美容のためにも効果的なのが習慣的な運動ですが、心肺に負担をかけない方法として有酸素運動がすすめられています。有酸素運動の例としては、ウォーキング、エアロビクスなどがあり、手軽にできるジョギングなどに加えて、エアロビクスなどのダンス系エクササイズも近年高い人気を得てきました。

ダンス系のエクササイズであるエアロビクスでは、さまざまなステップを組み合わせて振り付けを行うため、慣れないうちはステップの名称を覚えるので精一杯という人も多いのですが、繰り返し実践するうちに自然と動きが身につくので焦らず継続することが大切です。

エアロビクスのステップは大別して2種類です。ひとつはローインパクトと呼ばれる、足が常に床に接地していて運動量が比較的少ないものと、もうひとつはハイインパクトと呼ばれる、瞬間的に両足が床から離れる運動量の高いステップです。重心の上下動に伴って行われるため、足に対する衝撃が大きいのが特徴です。

エアロビクスの基本ステップにもハイインパクトはいくつかあり、足を後ろに跳ね上げ上下に弾むジョギングや、足を前や斜めに蹴りだして上体をキープするフロントキック・サイドキックの他にも、ジャンプして足を広げるジャンピングジャックなど、基本ステップでも運動量が高いので体力が必要とされます。

つい力んでしまいがちですが、有酸素運動として行うので、自然な呼吸を意識してエクササイズに取り組みましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ