ヨガの猫のポーズはウエストラインを引き締めます

生活が豊かになってきた結果、美容に興味を持つ女性が増えてきました。美意識が高く、スタイルキープなどに気を使う人が多くなったため、ダイエットや美容効果のあるエクササイズの人気も高まってきたのです。美容効果の高いエクササイズのひとつにヨガがあります。

ヨガはゆったりとした動きで行いますが、腹式呼吸や全身の筋肉を使うことから、体の各部分を引き締める効果があるとされているのです。
そんなヨガのポーズのひとつが、猫のポーズです。

このポーズは骨盤のまわりの筋肉を鍛える効果があり、ウエストからヒップにかけてのラインを引き締める以外にも、血行促進による冷え性の改善や内蔵機能の調整などにも効果的で、集中力アップにも役立つとされています。四つん這いになって体を伸ばす姿勢が猫が伸びをする姿に似ているため、こうした名前がついたのです。

猫のポーズの具体的なやり方は、足の指先まで床につけた四つん這いの状態からスタートします。手足は床に垂直になるようにして肩幅程度に開き、目線は床へ向けておくのです。

ゆっくりと息を吐き出しながら、天井へ突き出すイメージで背中を丸めていきます。背中を丸めるというのは意外と難しいので、無理せずゆっくりと行い、呼吸を止めないことが大切です。

頭を下げて目線がおへその辺りになるようにし、腹筋をへこませて30秒ほどゆったりと呼吸します。そして、息を吸いながら背中を反らせて胸をはり、伸びのポーズに移行して、30秒ほどキープするのを5回ほど繰り返すのが猫のポーズです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ