ボクシングのディフェンス法であるダッキング

美容体型という言葉が誕生したことからわかるように、スタイルを気にする女性が増えたことによって、ダイエットの方法もさまざまなものが生まれてきました。ダイエットに適しているとされる有酸素運動は、ジョギングやウォーキングなどの簡単なものから、エアロビクスなどのダンス系エクササイズまで多くのものがあります。

そんな有酸素運動の中でも高い効果で注目を集めているのが、ボクシングエクササイズです。ダッキングはボクシングの基本動作のひとつであり、ディフェンスに利用される技術で、頭などへの相手の攻撃を、上体を上下させることでくぐり抜けるようにかわす戦法を指していいます。

体重を乗せたストレートやフックに対するディフェンスとして有効であり、タイミング次第ではアッパーもよけることができますが、ジャブに対してはあまり効果がありません。アヒルが水中に潜る動作に似ていることから、この名がつけられました。

ダッキングによって相手の攻撃をよけると相手のボディに隙ができるため、ディフェンスと同時にボディに対するストレートやアッパーなどのオフェンスに繋げることができる技術なのです。

ボクシングエクササイズには、このダッキングの動きが取り入れられている場合が多く、有酸素運動として高い効果が期待されています。ボクシングエクササイズは、本来のボクシングの激しい動きとは違い、有酸素運動のために心拍数があまり上がらないよう工夫された動きで行います。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ