スポーツの前にダイナミックストレッチで関節の準備を

健康のための運動が一般的となってきて、日常的な運動習慣や中高年以上の世代がスポーツに取り組むことも多くなってきました。そんなスポーツなどの運動において大切なのは、筋肉や関節を痛めないようにストレッチをして十分に体をほぐすことです。

ダイナミックストレッチとは、関節の可動域を広げるために、腕や足などを動きの中でさまざまな方向に回して行うストレッチです。サッカーのウォームアップで行われているのを目にしたことのある人も多いでしょう。

サッカーで行われているのは主にブラジル体操であり、膝を高く上げて腕を振る動作や股関節を内外回しする動作、サイドステップやバックステップなどを組み合わせたものがあります。

ダイナミックストレッチで注意すべき点としては、急激に動かすことで関節を痛める可能性があるので、ジョギングなどの後に体が温まってから行うことです。

また、筋肉の使い方が偏ると体にゆがみが生じるので、左右どちらも行うことが望ましいとされています。そして、動かす筋肉を意識しながら反動を使わずに行うのです。ダイナミックストレッチは、関節の周囲についている筋肉の伸縮性を高めるために行われます。

また、関節の潤滑油とも言える滑液の分泌を活発にするため、関節の動きを滑らかにして負担を減らす役割も担っているのです。最後には動かした部位の筋肉疲労を除去するために、ゆっくりと筋肉を伸ばすスタティックストレッチを行ってください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ