ジャンパー膝の予防にはストレッチが効果的

スポーツの世界で耳にする機会も多いジャンパー膝は、別名で膝蓋腱炎とも呼ばれ、膝の内側に存在する軟骨や軟骨組織に炎症や変形による異変が起こることで、痛みが発生する病気です。

起こりやすいスポーツとしては、サッカーやバスケットボールのほかに、高飛び・幅跳びといったジャンプに関係する陸上競技が挙げられます。長時間、長期間に渡って、屈伸運動を繰り返すことが原因であり、炎症による痛みや違和感を感じたら、早めに治療することで比較的簡単に治すことができるのです。

痛みが慢性化してからでは、運動制限や手術が必要となってしまう場合もあります。ジャンパー膝を予防するためには、スポーツをする前にストレッチなどで体を軽く温めておくことが重要です。

この症状の原因として、大腿四頭筋という太ももの前側の筋肉が関係していますから、硬くなっている場合には、サポーターを巻いたりマッサージなどで揉み解す方法が有効とされています。

急激に膝に負担をかけないことが何よりも重要とされており、入念な準備運動はもとより、両膝の屈伸など軽いストレッチだけでも効果は大きく変わるとされているのです。

ジャンパー膝になってしまった場合には、すばやい応急処置が求められます。痛みを感じている部分にアイシングを行い、血管を収縮させて腫れを抑えることで、炎症を起こした部分の細胞を休ませ、痛みの範囲が広がらないようにするのが大切です。応急処置後は医師の診察を受けて、症状が進まないように気をつけましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ