さまざまな症状改善のためには三角のポーズ

肥満が見た目だけの問題でなく、生活習慣病などの病気の原因となることが広く知られるようになり、ダイエットは美容としての面だけでなく、健康面でも注目されるようになりました。美しいボディラインを作るとして人気のあるヨガも、ダイエットの方法として実践する人が増えています。

ヨガは、スポーツジムや個人レッスン教室などで教わりながら実践することもできますが、自宅で一人で気軽にできることも人気の理由です。
ヨガのポーズは非常に多くありますが、腹部やお尻を引き締める効果のある三角のポーズは、初心者向けなので見かけることも多いでしょう。

三角のポーズの効果は他にも疲労回復や腰痛改善を始めとして、血行を促進することで体をあたため冷え性を良くしたり、ストレス解消にも役立つとされています。さらに、女性に悩む人の多い便秘の改善にも効果があるとされているため、多くの女性が取り入れているポーズでもあるのです。

三角のポーズは、まずヨガマットの前方に立ち、左右のラインが平行になるように足を腰幅に広げます。背筋を伸ばして正面を向き、両方の足裏に均等に体重を乗せて胸を開くよう意識しましょう。次に、左足を大きく後ろに開いて両手を腰に当て、左側に身体の正面が向くようにします。

そして、上半身を右に倒して足か床に着け、両足はひざを曲げずに伸ばしたまま左手を真上にまっすぐ上げて5呼吸したのち、両手を下ろしながら上体を起こして正面を向きなおして終わりです。左右交互に行うことが必要ですが、首や腰に負担のかかりやすいポーズなので、身体を倒す角度を調整して痛めないよう気をつけます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ