骨密度の低下による骨粗鬆症とその予防法とは

骨の中に小さな穴が空き、スカスカの状態になるため、骨がもろくなってしまう病気を骨粗鬆症といいます。命に関わる病気ではありませんが、高齢者の場合はこれが原因で骨折した後に要介護の状態に陥る場合も少なくありません。

加齢により腸壁からのカルシウム吸収が悪くなって骨密度が低下することや、閉経期になり女性ホルモンの分泌が低下することも発症の原因と言われています。患者の80%以上が女性である理由もこれにあるとされており、女性ホルモンと同じ作用を持つ薬が治療に用いられたりするのです。

また、ダイエットによる栄養不足も、骨密度に悪影響を及ぼすことがわかっています。
骨粗鬆症を予防するためには骨密度を上げることが大切であり、その方法の一つとして挙げられるのが筋力トレーニングです。

適度な筋力トレーニングなどの運動強度の軽いトレーニングによって負荷が加わり、骨を作る働きが高まるように骨細胞の活動を刺激することで、骨粗鬆症を予防する効果が見られます。しかし、筋力トレーニングは正しい方法で行わなければ結果の出ないエクササイズです。

スポーツジムなどでパーソナルトレーナーについて行うことで、予防法としての効果を発揮するでしょう。また、骨を作るために大切な成分であるカルシウムですが、これを体内で吸収するためにはビタミンDが必要となります。ビタミンDは紫外線に当たることで合成されますから、日ごろから適度に日光に当たることが、骨密度の低下を防ぐことに役立つのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ