スポーツジムで骨折後の筋力回復やリハビリ

外から受けた強い衝撃や、長く同じ力をかけ続けたことなどが原因となって、骨が変形したり破壊されたりする外傷を骨折と言います。すべての骨に起こりうる症状ですが、本来は若干の柔軟性や弾力性を持っているため、健康な状態では起こりづらい外傷です。しかし、骨に病変がある場合は比較的小さな力でも起こります。

また、折れやすい骨もあり、鎖骨や肋骨、鼻骨、指骨などは日常生活の中で折れやすいとされているのです。原因の差異によって、外傷、疲労、病的と分類されます。

骨折の治療法においては、上肢が機能保全で下肢が変形を避けた安定した荷重など、治療目標に違いがあるのですが、方法として広く使われているのは、固定法と呼ばれる破壊部位が動かないように固定する方法です。

骨は再生能力が高い組織なので、正しい固定により治癒が望めますが、治癒までの期間で骨の周りの筋肉量は落ちてしまいます。極端に運動制限された結果、筋肉量が落ち込むことによって、通常よりも骨にかかる負担が増えたり、関節の動きが制限された状態に陥ったりしてしまうので、これを回復させるためにはリハビリが必要です。

骨折後のリハビリは、正しい筋力トレーニングを行うことが求められますが、スポーツジムなどにおいて適切な指示を受けることができます。スポーツジムでの個別指導による筋トレも有効ですが、リハビリ専門のジムも存在するので、治療の最終段階として、筋力回復や運動能力回復のためのリハビリに訪れるといいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ