スポーツジムの個人ロッカーを利用する方法

食生活の変化や生活様式の進化によって、運動不足による生活習慣病のリスクが高まっています。生活習慣病である高血圧やメタボリックシンドロームなどは、運動を続けることによって血液の循環を改善し、代謝を上げて予防することができるのです。

そこで、美意識が高い人だけでなく、健康に対する意識の高い人もスポーツジムなどに通うことが多くなりました。こうした需要を受けて多くのスポーツジムが存在しており、施設の利用中に荷物を入れておくロッカーがありますが、ジムによっては個人ロッカーが契約できる場合もあります。

通常のロッカーは、自分で空いている場所を選ぶ場合や受付で鍵を渡される場合など方法に差はありますが、決まった場所を使うことができず、当日の利用が終わればロッカーに入れていた荷物をすべて持って帰らなければならない点は共通です。個人ロッカーのメリットは、こうした荷物を持ち帰る手間を減らせることにあります。

特に靴は利用時に必ず使うものですが、持ち運びにはかさばるので、ジムに置いておくことができると手荷物の量が減らせるのです。しかし、通常のロッカーに比べてサイズが小さい場合が多いので、靴やシャンプー、化粧品といった、比較的小さなものを入れるのに適しています。

多くの場合、個人ロッカーはジムの利用者全員分は用意されていません。抽選やキャンセル待ちなど、施設によってその方法は異なりますが、利用したい場合には申し込みが必要な場合がほとんどなので、まずは受付や電話などの窓口で詳しく聞いてみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ