有酸素運動によって高血圧などの生活習慣病を予防する

忙しさに追われて不規則な生活や偏った食生活が当たり前となってしまった現代において、これを原因とする生活習慣病が増えてきたことも当然であると言えるでしょう。しかし、その名の通り生活習慣が原因であるこの症状は、正しい生活をすることで予防できる病なのです。

生活習慣病のひとつに高血圧が挙げられますが、適度な運動をすることで血液の循環が促進されるため、肺や心臓のはたらきを向上させることができるのです。

高血圧に対する効果だけでなく、継続して運動を行っていくと筋力がアップするため、各部位の機能が鍛えられて、生活習慣病に属する糖尿病や肥満といった病気に対しても、予防や改善につながっていくとされています。

身体を鍛えることで降圧していくためには、腕立て伏せなどの無酸素運動ではなく、ウォーキングや水泳などのエアロビクスと呼ばれる有酸素運動が効果的です。

エアロビクスと言えば、スポーツジムやレッスンスタジオで行われるダンスエクササイズのプログラムを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、有酸素運動を総称して呼ばれる場合もあります。

もちろん、広く知られるダンスエクササイズのエアロビクスも有酸素運動です。筋トレなどは一時的に息を止めて力を入れるために昇圧してしまい、高血圧の人には危険であるとされています。生活習慣病の予防のためにも継続して行っていくことで効果が出るので、昇圧の危険の無い有酸素運動を選択すべきです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ