O脚になってしまう原因と直す方法について

O脚は、真っすぐに立った時に両膝が合わない状態の足のことを言います。これは先天性、後天性がありますが、ほとんどの人が後天性で、幼い頃からの座り癖や立ち癖、歩き癖などが大きな原因になっていると言われています。また、外反母趾や偏平足の人もO脚になりやすくなります。

これらが原因で骨盤が歪んだり、股関節や膝関節が歪んでしまうため、膝が外側を向いてしまっているわけです。ですから、O脚を直すにはこれらの歪みを正すことが必要です。
この足の人は、太腿の筋肉が骨盤の外側についている場合が多く、どうしても外側に力がかかってしまうため、まずはこれらの筋肉を変えていくことが大切です。

そのためには太腿の内側の筋肉を鍛えることと、股関節が外向きになっているので、お尻を引き締めて股関節を内向きに変えていくことが必要です。このような筋肉を鍛えるには、エアロビクスやヨガなどがおすすめです。

あと、様々なダンスも骨盤の歪みを直すのに有効な運動の1つです。大切なのは毎日続けることですので、自宅でも太腿の引き締め運動や骨盤の歪みを直す運動を行うと、早く効果が現われるでしょう。

また、日頃の座る姿勢や歩く姿勢などにも気を付けることも大切なことです。座る時はあぐらはかかないようにして、むしろお尻を床につけて膝をくっつけて座るペッタンコ座りの方が膝と骨盤の歪みを矯正できます。歩く時も重心を真っすぐに保ち、膝が外側を向かないように注意するようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ