ADIの資格を取得するための方法と資格認定試験

ADIとは、エアロビックダンスエクササイズインストラクターのことで、公益社団法人日本フィットネス協会が認定しているエアロビクスのインストラクターの資格の1つです。ADIの資格を取得すると、エアロビクスのスタジオなどでエクササイズのプログラムを作成したり、指導者としてリードインストラクターを務めることができるようになります。

日本フィットネス協会に所属しているスタジオであれば、この資格は有効ですので、色々な所で働くことも可能になります。
ADIの資格を取得するには、インストラクターの養成所に通うのが一般的で、養成所で必要な知識や技術を学んだ後に、資格認定試験を受けます。

養成所の他には体育会系の大学や短期大学、専門学校等でエアロビクスを学んだ人も認定試験を受けることができますが、18歳以上であることが必要です。認定試験は年に10回~15回程度行われていますが、実技と筆記試験が行われ、実技では実際にエクササイズのプログラムを作成します。

試験日や場所などはフィットネス協会のホームページから確認することができ、オンラインショップで教材も購入することができます。

認定試験に合格して日本フィットネス協会に登録することで資格は取得することができますが、資格は2年ごとに更新する必要があります。更新するには2年間でワークショップに参加して10単位を取得し、JAFAスキルアップセミナーに2講座以上受講することなどが義務付けられています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ