ウジャイ呼吸法のやり方と様々な効果について

ウジャイ呼吸法は、アシュタンガ・ヨーガの独特なもので、鼻から空気を吸って鼻から出す胸式呼吸法になります。ウジャイはサンスクリット語で力を支配するという意味があり、胸を大きく膨らませるので、勝利の呼吸法とも呼ばれています。気の流れを変えることができるので、瞑想の前などに行うと、瞑想に入りやすくなります。

実践する時には喉の奥が締めつけられ、空気が気道を通る時にスースーという摩擦音が発生するので、その音でマスターできているかどうかを判断することができます。
やり方は、鼻から空気を吸って鼻から吐いていきますが、吸う時と吐く時の長さは同じにし、またお腹をへこませたままにします。

そして、口は閉じて、舌を丸めて上顎に付け、喉を締めて気管を狭め、お腹に力を入れて空気を吸っていきます。この時にお腹から呼吸をするとイメージすると良いでしょう。空気を吸うと、喉の奥でスースーという音がするはずです。もし音がしない場合は喉の締めつけが足りていないか、間違っていると思われますので、やり方を正してみてください。

ウジャイをゆっくり繰り返し、スースーという喉の音に集中していると、意識も集中できるようになってきて、深いリラックス状態に入ることができるので、瞑想の前に行うと良いと言われています。

それだけではなく、お腹に力を入れて呼吸をするのでインナーマッスルが鍛えられ、腹部の引き締め効果が期待できます。また、内臓の活性化にも繋がり、血流も良くします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ