フロントダンベルプレスで肩の筋肉を鍛えよう

フロントダンベルプレスは、肩の筋肉を鍛えるトレーニングです。ダンベルで行えるので、場所を選ばず家でも簡単にできます。このトレーニングでは、まずダンベルを用意しましょう。

両手にダンベルを持ち、肘を曲げて胸の前で持ちます。そして、両手を上に上げて腕をまっすぐにし、ゆっくりと下ろします。この繰り返しです。体の横でダンベルを上げるトレーニング方法(ダンベルプレス)もありますが、体の前で行うのがフロントダンベルプレスです。

腕を上げる時に息を吐いて、下ろす時に吸います。だいたい、15回から20回くらいで限界かなというくらいの負荷が良いでしょう。負荷をかけすぎると、体がふらついてバランスが崩れ、肩を痛めてしまう恐れがあります。ちょうど良い重さの負荷をかけるようにしてください。

15回から20回を1セットとし、これを2セット、毎日ではなく2~3日に1回のトレーニングがおすすめです。姿勢ですが、まっすぐ立った状態でも良いですし、背もたれがある椅子に腰かけて行うこともできます。腰に力を入れておくようにし、腕を上げる時に腰を反らさないように注意します。

腰を反らすと腰を痛める可能性があります。肩の筋肉を意識して、このトレーニングは行うようにしてください。動作はゆっくりとするのが大切です。早く上げ下げしていては効果がありませんし、肩を痛めてしまいますので気をつけましょう。無理のないように行い、どこかに痛みを感じたら中止して様子を見てください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フィットネス用語

このページの先頭へ