マシントレーニングとフリーウェイトトレーニングの長所と短所

トレーニングジムには、たくさんのマシンがあり、それを使えば簡単に筋肉を鍛えられるようになっています。これをマシントレーニングといい、また、こういったマシンを使わずにダンベルやバーベルなどを使うことをフリーウェイトトレーニングといいます。

トレーニングをするには、どちらの方法が良いのだろうかと迷うものですが、それぞれに長所、短所がありますので、どちらが良いとは言い切れません。マシンしかしないという人やフリーしかしないという人もいるでしょう。両方をうまく組み合わせて行うのが一番良いかもしれません。

フリーウェイトトレーニングは、動作を行う時に体が固定されません。自然とバランスを取る動作をしているので、鍛えている筋肉以外の筋肉も鍛えられます。また、負荷の調整も小刻みにできますし、使う器具が少ないので用品価格が安く済むでしょう。

しかし、負荷の設定や方法を間違うと、即ケガになります。また、集中力を保つのが難しいという点があります。マシントレーニングは、おもりを直接上げ下げしないので安全です。動かす軌道が固定されているので、関節を痛めることが少ないです。

また、バランスを取ることまで考えなくて良いので、鍛えたい筋肉をピンポイントで鍛えられるでしょう。しかし、バランスを取らなくて良いというのが短所にもなります。それに、器具はどれも大きなものですし、高価です。このように、どちらにも長所、短所があります。可能であれば両方をうまく組み合わせてトレーニングをすると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フィットネス用語

このページの先頭へ