プライオメトリクスというトレーニング方法とは

プライオメトリクスとは、プライオメトリックトレーニングのひとつで、1960年代から発達してきたものです。これは筋肉の収縮速度をアップさせるトレーニングで、いろいろなスポーツの競技者が取り入れています。

プライオメトリクスの代表的なエクササイズは、ボックスジャンプといって、ボックスから飛び降りてその衝撃から筋肉の伸張が起こります。そしてすぐに再度ボックスへジャンプします。できるだけ着地の時間を短くし、リズミカルにジャンプを繰り返してください。この時、筋肉の稼働域は小さくするように注意します。

股関節や膝関節の曲げ角が小さくなるようにするのです。
このトレーニングは、足の腱や筋肉にかかるストレスが大きいものです。ですから、このトレーニングをした次の日は上半身のトレーニングにするなどの配慮をしないと、筋肉や腱を傷める原因になります。

痛いのをがまんして行うのが良いことではありません。けがをしてしまったらしばらくトレーニングができなくなり、今まで積み重ねてきたことがムダになってしまいます。こういったことがないように、だんだんと強度を上げていくようなメニューを考えるなどの工夫が必要です。

どこを鍛えるにしても、最初はこれらの知識がある人の指導の下で行うと良いです。誤った方法で行うと、効果がない上にケガの原因になってしまいます。正しい方法を覚えてしまえば、一人でもできますので最初にきちんとマスターしておくようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フィットネス用語

このページの先頭へ