バイセップスカールで鍛えられる筋肉はどこか、またその運動方法は

バイセップスカールは、バイセップス(上腕二頭筋)を作るためのエクササイズの方法です。ダンベルを使っても良いですし、バーベルを使っても良いです。もちろん、フィットネスジムなどでバイセップスを鍛えるマシンを使っても構いません。上腕二頭筋は、力こぶのところで、これを鍛えれば力こぶができるようになります。

バイセップスカールのポイントは、軽めのウエイトで正しいテクニックをマスターすることです。バーベルを使った場合ですが、左右の足を肩幅に広げて立ちます。バーベルは逆手で持ちましょう。そしてバーは腿の上部に当て、腕はまっすぐ伸ばし、肘は軽く両脇に当たる程度にし、胸は高い位置に保っておきます。

そして肘関節に力を入れて曲げ、バーが胸の最上部にくるまで上げ、両肘はふらふらさせず、常にバーの後ろにあるようにしてください。上げた後は元の位置へ戻しましょう。この繰り返しです。

こういった運動の場合、つい頑張って重めのウエイトでやろうとするものですが、重いとふらつきますし、肘を痛める恐れがあります。もう少し重くてもいけるかな、というくらいのものから始め、正しいフォームをマスターするようにしましょう。

これで慣れてきて、十分な回数ができるようになれば少しずつ負荷をかけていくと良いです。ダンベルを使っても同じです。くれぐれも重すぎるものは止めましょう。ダンベルなら家でもできますから、わざわざジムまで行く必要はありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フィットネス用語

このページの先頭へ