トライセップス・キックバックで上腕三頭筋を鍛える

トライセップス・キックバック(triceps・kickback)とはウエイトトレーニングの1種で、上腕三頭筋を効果的に鍛えることができます。トレーニングの中では負荷がかかる方なので、軽めのウエイトから少しずつ重いものへとシフトしていくのが良いでしょう。

トライセップス・キックバックをするには、まず膝くらいの高さのベンチに同側の片手、片足を乗せて姿勢を整えます。空いている片手でダンベルを握ったら、肘が直角になるまで引き上げましょう。

次に、肩から肘までの位置を変えることなく、背筋をすっと伸ばした位置をキープしながら肘を伸ばしていき、体から最も遠い位置まできたら一瞬静止して、再び肩から肘までの位置をキープしたまま元の姿勢にゆっくりと戻していきます。

より効果的にトレーニングするには、背中を丸くしないように良い姿勢をキープし続けることと、決して反動でウエイトを持ち上げないようにすることです。また、肘はしっかりと固定させ、おろす時にも上腕三頭筋を意識しながらゆっくりとおろすようにしましょう。

回数の目安としては、上腕三頭筋を大きくすることが目的の場合には、10回を1セットとして3回繰り返すようにします。

また、体を引き締めることが目的の場合には、20回を1セットとして2~3回繰り返すとよいでしょう。ウエイトは、前者であれば重めのものを用い、後者なら軽めのものが適しており、1セット終わるごとに30秒~60秒程度のインターバルを挟むようにします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フィットネス用語

このページの先頭へ