トータル・ヘルス・プロモーション・プランで生産性も向上

トータル・ヘルス・プロモーション・プラン(total health promotion plan)はTHPと略され、厚生労働省の定めた指針により、企業がそこで働く人々の心とからだを健康な状態に維持できるよう努力することを義務付けたものです。

これは、1988年に改正された労働安全衛生法で定められたもので、厚生労働省は、「事業場における労働者の健康保持増進のための指針」を定めて、企業が、働く人々が心身ともに健康に働き生活できるように、積極的に努力するよう求めるようにしました。

一般的には、産業医が働く人々の健康測定や運動機能検査を行いますが、専門スタッフがいない場合には、労働者健康保持増進サービス機関などに依頼するなどし、産業医を手配して実施されることになります。

健康測定と運動機能検査の結果が出たら、それに基づいて食事のバランスを指導するなど、さまざまな指導が専門スタッフにより行われます。運動が足りなかったり、運動機能に問題があったり、また、実務により肩こり・腰痛を訴える人が多ければ、運動教室が開かれることもあります。

また、こころの状態が良くなければメンタルヘルスケアも実施されます。
トータル・ヘルス・プロモーション・プランの積極的な実施により、働く人々は、病気の早期発見や生活習慣病を改善するきっかけとなるといったメリットがあります。また、企業の生産性が向上するなど、企業側もさまざまなメリットを享受することができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:フィットネス用語

このページの先頭へ